花粉ダニを車内で分解

アレルギー対策 カーエアコン導入へ

= 2005.8.14 読売新聞より =
 
三菱自動車は、三菱重工業と共同開発した、花粉やダニなど自動車内のアレルギー原因物質を分解・抑制するカーエアコン用フィルターを、今後開発する全ての新型乗用車に搭載できるようにする方針を明らかにした。
 
車のアレルギー対策を強化することで、乗る人に優しい車作りをアピールし、女性やファミリー層への浸透をはかる狙いがある。
 
三菱自が本格導入を進めるのは、三菱重工が住宅用エアコン向けに開発した技術を導入した3層構造の「アレルゲン クリア フィルター」。耐熱性を強化するなど使用条件が過酷なカーエアコン用に世界で初めて実用化した。
 
花粉やダニなどアレルギーの原因となる成分を、尿素と酵素の力で、約85%分解・抑制する効果があるという。通常のフィルターは、花粉やダニなどを一時的に取り除けても、原因成分を分解・抑制する機能はない。
 
このため、風量を上げると、花粉などを完全には取り除けず、再度車内などに飛散し、症状を悪化させかねない懸念があった。


 
カテゴリ:シックハウス関連記事では、以下の内容について記載しています。
シックハウス被害軽減へ地道な努力:記事
アトピー患者の治療・薬の不安:記事
音楽室にシックハウス原因物質:記事
化学物質とシックハウス症候群の関係不明:記事
校舎でホルムアルデヒド基準超:記事
ホルムアルデヒド トルエン濃度基準値超:記事
花粉ダニを車内で分解