汚染され続ける水源

【その飲料水飲めますか?!】

東京のような大都市では、戦後、河川の水質汚濁が急速に進みました。人口が増え、河川の下流部では上流の下水処理場で処理した水を取水して浄水し、水道水として利用するようになりました。
 
飲料水に塩素が残留すると、ビタミンCなどを破壊し体調を整える栄養素のバランスが崩れます。塩素処理はすでに当たり前の時代になって久しいのですが、今後多くの方が自宅に浄水器をつける時代がくるでしょう。


 
カテゴリ:飲料水が危ないでは、以下の内容について記載しています。
トリハロメタンと飲料水
汚染され続ける水源
浄水器は本当に安全か?